Lesenの日記

ほとんど漫画の話

僕の武器は攻撃力1の針しかない

僕の武器は攻撃力1の針しかない

 

ニコニコ漫画で連載中。商業じゃないので全話無料で読める。↓

僕の武器は攻撃力1の針しかない / かみよし https://seiga.nicovideo.jp/comic/49966 #ニコニコ漫画

 

勇者の仲間だったけど、外されて呪いの装備である「攻撃力1の針」を装備してしまった主人公の話。

 

まず、とても面白い。設定もしっかりしていて話のテンポもよく読みやすい。

主人公補正は少しだけ感じるが、それは主人公なので何も気にならない。

絵は綺麗ではないが誰が何してるのかは分かるし、大事なシーンだとしっかり書き込まれている。その緩急が逆に味を感じる。

 

商業で書いてるわけでも無いので点数は付けません。

ただ、読む価値はとてもあると思う。

友達におすすめできるくらいには面白い。

新テニスの王子様

テニスの王子様

 

テニスの王子様の続編。

完全に能力テニスに寄ったため、前作よりも違和感はない。高校生が普通に髭を生やしているため、頭の中でキャラクターの年齢に+3くらいするとちょうど良かった。

 

全国大会で目立った人物達が、日本代表候補の高校生に混ざってテニスをすることになる。

 

新規キャラの高校生が出てくるため、既存キャラの実質的なリストラが多い。好きだったキャラがリストラされてしまうと読む気が無くなるかもしれない。

相変わらずキャラクターは魅力的で、必殺技もかっこいい。

 

ストーリーも相変わらずだが、そういう漫画では無いし、ここまで読んでると慣れてしまうためそこはあまり気にならなかった。

 

 

5点満点中

面白さ(interesting)2.5

面白さ(funny)2

キャラクター5

必殺技5

ギャグ0.2

テニスの王子様

テニスの王子様

 

テニスの王子様は読んだけれど、新テニを読む前にこのブログは書きました。

 

テニスの王子様のブログ↓

https://lesen.hatenablog.com/entry/2021/03/10/073226

 

結論から先に書くと、キャラは魅力的だが話はあまり面白くない。

 

最初は普通のテニス漫画だったがいつの間にか超次元テニスになっていた。

 

出てくるキャラ全員が個性的、なおかつ魅力的で必ず好きになるキャラが見つかるだろう。そういった意味では女性人気の高さも納得できる。

また、必殺技もかっこいいと思えるものが非常に多く、小学生の頃に読んでいたら真似していたと思う。

 

話の展開の印象は、かなりのページ数を使い紹介したキャラがまともにテニスしてるところが描かれていなかったり、怪我して戻ってきてまた怪我したり、急に謎のギャグ?日常?展開になったりとにかく謎。一応大筋は通っているが読んでいてすんなりは入ってこない。

ネタバレありの詳しい感想は点数の下に書く。

 

ざっくりまとめると、

正統派スポーツ漫画としてではなく、キャラありきの何だか熱い展開っぽい漫画と言うのが一番しっくりくる。

 

 

5点満点中

面白さ(interesting)2

面白さ(funny)1.5

キャラクター5

必殺技5

ギャグ0.2

 

 

※以下ネタバレあり

不二が好きです。

全国大会でのお笑いテニスやリョーマの急な記憶喪失は本当に読むのをやめようか迷った。序盤にあの展開だったら読むのやめていたかもしれない。

あとは、焼肉大食いやビーチバレーといった日常パートにもギャグパートにもなりきれていない息抜きパートは要らないと感じた。

全国大会決勝の不二vs仁王や、菊丸大石ペアvs桑原丸井ペアのダイジェスト感はあまりにも酷い。

遠山金太郎って結局なんだったの?

以上。

 

異常者の愛

異常者の愛

 

完結済み。

 

普通の男の子がサイコパスで一途な女の子に好意を持たれて災難に見舞われる話。良い言い方をするとラブコメと言えるかもしれない。

 

とても好みの分かれる作品。グロいのやサイコパス色の強いものが好きな人ならかなり好きだと思う。

逆にそういったものが苦手な人は読まない方がいい。

ヒロイン級の女の子が数人出て来る。特徴がハッキリしており、絵も綺麗なため誰か一人は感情移入できるはず。

 

サイコパスで一途な女の子の純愛と狂気がとても綺麗に混ぜて書かれているため、不思議なことに魅力的に見えることもしばしばある。

こういった刺激系の作品は回を増すごとにマンネリ化することもあるが、しっかりとエスカレートしていて飽きさせないのもとても良い。

 

全6巻で完結しているため気軽に読める。

 

この作品が気に入ったら、同じ作者がマガジンポケットで連載中の『ヒロインは絶望しました。』も読んで見てほしい。

 

 

ネタバレありの感想は点数の下に書く。

 

 

5点満点中

面白さ(interesting)3

面白さ(funny)3

エロ3.5

グロ4

読みやすさ3.5

 

※以下ネタバレあり

はじめに、1番好きなキャラは三堂です。

ひたすら一之瀬を好きで、振り向いてもらいたい一心で努力するのがとても魅力的。殺人、拷問、恐喝といったことはするものの、その辺のネジは吹っ飛んでると割り切ればとても良いキャラ。

 

たまに挟むクスっとくるような日常パートも箸休めにちょうどいい。

地獄楽

地獄楽

 

ジャンプ+にて完結。

以下↓で読めるがジャンプ+のアプリの方が使いやすいためそちらをオススメする。

https://shonenjumpplus.com/episode/13932016480029295972

 

奉行所に捕まった大罪人たちが罪を無くすために幻の島に行き不死の薬を取って来る物語。

 

主人公は伝説の忍。

幻の島には大罪人と逃げないために刀の腕の立つ一族が付き、2人1組で探索する。

 

序盤〜中盤にかけては面白かったが終盤はあまり好みではない。終わり方はとても良く、1つの物語を読み終わった読了感をしっかりと感じられる。

この漫画に限ったことでは無いが、完結しているため、続きを待つと言う煩わしさがないのはいい所。

 

ネタバレありの感想は点数の下に書く。

 

 

5点満点中

面白さ(interesting)4

面白さ(funny)1

バトル3

エロ3

読みやすさ4

 

 

 

※以下ネタバレあり

敵も味方もタオを使うようになってから割となんでもありになった印象。

画眉丸の発火や杠のドロドロの忍術の説明としてはとても納得が行くが、仙人達とのバトルの時に、倒す→再生→倒される→再生→ループみたいなところで少し冷めた。

終わり方はしっかりと奥さんのところに帰って大団円で、それぞれの登場人物のその後も触っていてとても良かった。

序盤の未知の領域に足を踏み入れたドキドキ感が個人的には1番のピーク。

怪獣8号

怪獣8号

 

ジャンプ+にて連載中。

以下↓で読めるがジャンプ+のアプリの方が使いやすいためそちらをオススメする。

https://shonenjumpplus.com/episode/13933686331674116123

 

怪獣がはびこる世界で討伐隊になりたい男が怪獣の力を得て怪獣と戦う物語。

 

まず結論から書くと、本誌に載っててもいいくらい面白い。

 

話は王道の友情・努力・勝利でこれぞ少年漫画。

絵は綺麗で各キャラにしっかり個性がある。

 

まだまだ話は序盤ということもあり、ワンピースなどの長期連載漫画を読み始める時の手を出しにくい感もないので、知り合いにも勧めやすい。

 

今後の展開にとても期待。

 

5点満点中

面白さ(interesting)4.5

面白さ(funny)2

バトル5

エロ0

読みやすさ4

 

100万の命の上に俺は立っている。

100万の命の上に俺は立っている

 

別冊少年マガジンで連載中

ざっくり言うと数年前からの流行りである異世界召喚系の作品。

 

なろう作品ではないが、なろう系が好きな人にはかなりおすすめできる。

 

主人公の男子中学生やその仲間たちがゲームのような世界に転送される度にクエストをクリアする。

10回異世界に行きクエストをクリアすることが目標。

クリア出来なければ死ぬ。

 

アニメ化もしており、2期も決定している。

 

最新話(56話)まで読んだが、個人的に1番面白かったのは3~4周目の話。(面白かった場面の詳細は点数の下に書く)

 

5点満点中

面白さ(interesting)3.5

面白さ(funny)2

読みやすさ4

バトル1

エロ0.1

 

 

※以下ネタバレあり

3周目の女騎士カハベルとの旅路から4周目で気づく次の周に入ったらその世界は何年も経過していて同年代だったカハベルに子供がいる。

夕方にカハベルは友助を呼び出し口付けをし、「あなた達との旅路は青春だった。君のこと好きだった。先におばさんになってごめんね」と告げたところが1番好き。